海外から見た日本のイメージは、世界でも大人気の様々なトレンドや流行が津々浦々で生まれる創造性豊かな国なのだそう。だからこそ、日本政府がいまだに世界中で人気のあるカジノの営業を認めていないという事実は海外の人たちにとってはすごくショッキングのようです。

しかし、主要都市の1つが法律改正を求め、国内初のカジノ設置を目指していますよね。大阪府は、日本初のカジノをオープンするためさまざまな都市との競争に勝ち抜いてきました。

世界中の大都市やマカオに本拠を置く大手の国際的娯楽企業が、日本の各都市と協力してカジノ設置の許可を得ようと動いています。大阪は言うまでもなく巨大都市でインフラが整備されており、地元の政治家がカジノ誘致を支援しています。このため最有力候補地の1つです。

カジノが解禁されると客が多額のお金を落としてくれるため、カジノがもたらす経済効果は非常に魅力的です。

誘致活動の旗振り役は、大阪の橋下徹市長(当時)と松井一郎府知事(当時)です。二人とも大阪で日本初のカジノをオープンするため活動しています。膨大な数の世界中のカジノファンを大阪に呼び込みたいのです。

大阪はカジノ設置の準備が整い有権者の理解も得られているため、すでに有力候補地となっています。しかし準備がすべて整えば、大阪は東アジアでも最も主要な観光地の1つとなるでしょう。

大阪の橋本市長(当時)は以前、安倍首相(当時)の支持を得ており国会での法案審議が迅速に進むよう願っていると述べています。したがって、大阪では2019年までにカジノがオープンする予定でした。つまり大阪の根回しがうまくいけば、世界中の注目が集まる東京オリンピックの時期にカジノがオープンする可能性もあったのです。

では、法案が可決されて世界でも最も創造性豊かな国の1つ、ここ日本でカジノがオープンしたら、何が期待できるのでしょうか?

実際には才能の有無が大きな部分を占めていますが、カジノの楽しさの大部分は運の良しあしで、私たちの日本文化では運を非常に大事にしています。各国の通貨単位で遊ぶことが可能なパレスカジノではギャンブル運を上げるため優れたプランを用意しています。たとえば、客にまずは無料でカジノを試してからルールを覚えてもらい、それから現金を賭けて楽しんでもらうという感じです。これまでここ日本にはカジノがなかったため、カジノを楽しむには日本の有権者の動向がものを言います。

日本の賭博を取り締まる法律はやや紛らわしいですよね。でも、ほとんどのギャンブルを取り締まり対象にしています。しかし現行法にはいくつかの例外規定があります。あらゆるギャンブルが禁止されています。しかし指定されたコースで行われる競輪・競馬などのレースでの公営ギャンブルは認められています。要するに日本に10カ所ある公営競馬場は大人気ということです。数万単位のギャンブル客がレースを見に足を運んでいます。

カジノがここ日本で解禁されたら、人がたくさん集まる場所が出来るのは間違いありません。日本国内や世界中から客を呼べる高級リゾートが誕生するのです。

guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments